電子用語や専門用語のデータベースなどはウェブサービスとして利用しやすく、人気も高いサービスとなっています。
アクセス数も安定して得られるので個人だけではなく、企業などで取り組んで作成していることもあります。主に広告収入を得やすいのでシステム開発から行って、サイトを解説することも多くあります。
データベースのシステムはそれほど難しくないので、HTMLやCSSがわかれば制作できることも多いです。
用語の数が多くなってくればそれだけシステム運営も求められ、サーバーやそのセキュリティも向上する必要があります。

情報を得るためのシステム開発などは、特に充実したデータの充実のためには欠かせないもので、ある程度は自動化したシステムでデータ収集をすることも重要となります。
多くのアクセスが集まるようになれば、それだけサーバーの維持に必要なハード面の充実も求められるので、ソフトウェアだけではなくハードウェアの知識も必要になります。

専門用語は、特に専門用語を扱う人によって検索されることも多いので、ミスや誤った情報を載せることができないなど、実際にその知識を持っていることが求められることも多く、サイトの作成が難しい場合も多いです。
データベースの充実をしていく際には、安定性やセキュリティといった表面上では分かりにくい事も必要になるので、見やすさや色合いなどについても知識があると最適です。
利用者のターゲットなどまで考えた作りができることは、非常に重要です。